平岡代表の日記

2017年
2016年
2015年
2014年
 
2013年
2012年
2011年
2010年
 
2009年
 
2012.04.29
ホッケー五輪最終予選
 

 遂に始まった。ホッケーのロンドンオリンピック最終予選だ。
 男子は南アフリカ(世界ランク12位)・中国(同17位)・オーストリア(21位)・チェコ(同23位)・ブラジル(42位)に 開催国日本(同15位)を加えた6ヶ国で序盤の2試合づつを終えた。
 戦前の予想通り、南アフリカ・中国そして日本が各2勝で3強の争いとなってきた。

 私も出張先の京都から開催地岐阜入りし、昨日のオーストリア戦を観戦・応援した。
 格下相手だから当然なのだろうが、全く危なげない試合運びで4-1で快勝。

 個人技術やチーム戦術はともかくとして、ヨーロッパ人に対してフィジカル面で 何一つ劣った点が感じられなかったので、私の立場的に一安心。

 オリンピック出場権は一枠のみ。
5月6日の事実上の決勝戦、1位・2位順位決定戦で勝ち名乗りを上げるのは3チームの内どこか?
 日本だと信じて疑わないが、序盤の2試合の戦いぶりから検証すると…。
 昨日の相手オーストリアに日本は4-1。中国は1-0。初戦の相手チェコに6-0。南アフリカは6-2。
これまでの戦いからみると、若干日本有利か。
 明日の南アフリカvs 中国で日本の直接のライバルが決まる見込み。
 順位決定戦進出には得失点差の可能性もあるから一瞬の気も抜けない戦いが続く。

 44年振りのオリンピック出場は目の前だ。