平岡代表の日記

2017年
2016年
2015年
2014年
 
2013年
2012年
2011年
2010年
 
2009年
 
2013.11.11
ホッケーアジアチャンピオンズトロフィー
 

 ホッケーのナショナルトレーニングセンターのある岐阜県の各務原市において、男女の「アジアチャンピオンズトロフィー」が昨日まで行われた。

 女子はアジアカップ(9月)・東アジア大会(10月)に続いて優勝し、今年度のアジア3冠となった。リオ五輪に向けて昨冬からスタートした新生さくらジャパンは、少なくともアジアでは十分に戦えることを証明し、順調にスタートしたと言える一年だ。
 来春に開催されるワールドカップへの出場権も獲得し、目標とするリオ五輪でのメダル獲得へ一歩前進した。
 男子は惜しくも準優勝。メキシコ五輪(1968年)以来の悲願の五輪出場に向けて強化中だが、女子に続いての優勝とはならなず、険しい船出となった一年であった。だが、東アジア大会に続いての2位であり、前回大会(6位)からすれば前進しており、男女共にリオ五輪への第一関門となる来年の韓国でのアジア大会(優勝国に出場権)に向けてまずは第一歩と言ったところか。

 男女共にトレーニング指導を担当する私としても、それぞれの目標達成のために、今冬の基礎的なトレーニングの徹底への強い意識付けとなった今年度最後の国際大会であった。

女子の優勝を一面で報じる地元紙