平岡代表の日記

2017年
2016年
2015年
2014年
 
2013年
2012年
2011年
2010年
 
2009年
 
2016.01.31
オフトレ15-16 2
 

 アスリートの年間のスケジュールで最繁忙期は言うまでもなく、多くの競技のオフ期間である今の冬季だ。
 回数、質、量、人数全てが最多となる。
 プロ野球選手も同様だ。シーズンが終了する10月から地元カープ勢のベテラン組の選手がスタートし始め、徐々にその数は増え、トータルで40名を数えた。
 今オフの特徴は、人数もさることながら、球団数の多さ、9球団に及んだことであろう。
 中でも、オフの序盤、11月30日・12月1日の監督以下「阪神タイガース御一行様」の来訪がアスリートの長い歴史上でも二度目の珍しい出来事となった。
 金本新監督の新たな取組み、ウエイトトレーニングの本格的な導入方針を踏まえてのもので、私の秋季安芸キャンプ訪問指導に続く第二段階。
 もちろん、選手の正しい取組み方の習得が第一の狙いではあるが、チームで指導にあたるトレーナー陣への意識統一がもう一つの目的であったようだ。選手9名➕1名(新入団選手)と合わせてトレーナー6名の参加で行った。
 各種目のフォーム説明、負荷、組合せ、展開の仕方等々、座学を含め一泊二日の日程では到底足りない盛り沢山の内容であった。
 消化し切れないのではと不安ではあったが、安芸キャンプ訪問と合わせ、金本改革の一端を担えた事には意義があった。

参加メンバー。➕新入団の板山で計10名の選手とトレーナー6名

アスリート合宿を報じるスポーツ紙(デイリースポーツ15.11.21付)

講習の様子