October 18, 2019

        注目のドラフト会議が昨日開かれた。

  野球漬けの青春を送ってきた野球小僧たちにとっては運命の一日。

我が「アスリート」にとっても重要な瞬間を固唾を飲みながら注目していた。と言うのも毎年の様にメンバーから指名されるのだ。正式に入会手続きをしたメンバーだけでも150人を超えるプロ野球選手と関わってきた中でも、プロ入り前、つまり無名のアマチュア選手どころか、中学生・高校生から関わってきた選手のプロ指名は感慨深い。

...

July 11, 2019

  毎年のLA研修の仕上げはこの「日記」と動画編集。内容はともかくとして、日記は帰国して直ぐに①②③④⑤をアップ。

     問題は動画編集。今年は二つの新兵器を加えた。

  「OSMO POCKET」。流行の小型カメラの内、最も特徴的なジンバルカメラと言われる一品(添付写真参照)だ。これに、従来からのSONY のハンディカム・iPhone XとOLYMPUSのデジタルカメラを加えて、スタッフの分業で素材となるデータを集積。取捨選択しながら編集作業に...

July 7, 2019

【その他・食事】

    トレーニングジムの研修旅行なのでこれまで紹介したように、関連場所巡りやサプリメントショップ訪問等がメインなのだが、海外旅行の定番の楽しみはショッピングにグルメ。特に今回は食事が美味しかったので最後に紹介したい。

    一番美味しいのは現地の食材を現地で飲食すること。と言うことで欠かせないのはステーキとカリフォルニアワイン。ラベルにNAPA  VALLEYの文字を見つけたらそれだけで美味しい気持ちになる。酒は他にもクアーズやバドワイザーのビール...

July 6, 2019

ホテル・レンタカー】

    これまでは、各部屋にフルキッチン付きの低層ホテルを常宿としていたが、昨年から「NEW  GARDENA  HOTEL 」を利用。単にマンネリ化からの脱却と言う軽い気持ちだったのだが、これが期待に反して大当り。

    建物は決して新しくはないが部屋はリニューアルしてあり、清潔だし、毎日の清掃もきっちりと丁寧だ。

    何より一番は、ウォシュレット。これまで通算30年にも及ぶ異文化の国アメリ...

July 5, 2019

     今回、印象的だったことの一つは「大谷」のホームランだ。

     このLA 研修の際、必ず実施するのはメジャーリーグ観戦。日本人選手が出場するカードの日程に合わせてスケジュールを作成。古くは野茂の登板を観戦し、近年ではダルビッシュの所属していたテキサスレンジャーズのロサンゼルス遠征(vsエンジェルス)に日程を合わせ、前田の登板も観たし昨年の大谷出場試合も。

    で、遂に今年はホームランを目撃!ツアー参加者一同大感激の...

July 4, 2019

【トレーニング施設】

   今回特筆すべき内容を見出せなかったし、FBにも書いたので簡単に。

「GOLD’S  GYM  VENICE」

    何か新しい器具や配置の確認参考に毎年のように訪れる。先のUSCの施設はアスリート用の世界一と言っても過言ではない。

(*注     ストレングスコーチのメニューに従って数十人の部員が同時に同じ種目を行う為、特にフリーウエイト用のラックやダンベルなどが多数必要。例えば、二ヶ所同時に行えるダブルパワーラッ...

July 3, 2019

【USC研修】

      6月21日に広島空港を出発して成田発の全日空機でロサンゼルス入りして現地10泊、7月2日に帰国すると言う概ね例年どおりのタイムスケジュールだった今回のロサンゼルス研修であったが、一行12名(6月26日出発)が事故なく無事に帰国出来たことをまずは喜びたい。

     何と言っても今回の一番の特徴は定番コースになっているUSC (UNIVERSITY  OF  SOUTHERN  CALIFORNIA ・南カリフォルニア大学)...

May 27, 2019

  先日、プロ野球セリーグで、打撃成績ベスト10に4人ものアスリートメンバーが入っていることを紹介したばかりだが、今日紹介したいのは

「広島六大学野球リーグ」。

国立大学が毎季勝点を獲り、優勝することさえあるリーグなんで決してレベルが高いとは言えないのかもだが、つい先日近大工の2季連続優勝で戦いの幕が降りた。

    そして恒例の個人成績発表。アスリートメンバーから首位打者をはじめ、ベストナインに4人も選出された。

各チームの厳しい練習を終えた後のプライベートな時間にアスリ...

May 18, 2019

 プロ野球のペナントレース、早くも40試合程度を消化。

    長らくプロ野球界のスター選手でありかつアスリートメンバーの象徴的存在であった金本(タイガース)・新井(カープ)が表舞台を一旦退き、一抹の寂しさを感じながら冷静に眺めていた序盤戦だった。

    ふと気が付くと次代のスター候補生達が台頭し、新風を吹き込んでいるではないか。

    トレーニング指導で多少なりとも関わった選手が打撃成績ベスト10内に何と4人も!  (上表参照)...

Please reload

© 2017 by Athlete Co., Ltd. with Y. Hiraoka. Created by Artkapsel with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now