三次高校野球部

May 23, 2018

 「指導歴の中でどれか一つと言われたら?」

と、これまで何度か訪ねられた。

 迷わず、「三次高校野球部」と答えてきた。

 野村でも金本でもダルビッシュでもオリンピック選手でもない。甲子園出場だけでも一緒に記事を添付した高陽東高校含め10回は超えているのにだ。

 今朝の朝刊、地方紙「中国新聞」の「高校野球 100回目の夏」と題した連載物に、2005年選手権広島大会の決勝戦(三次vs高陽東)の記事が掲載されている。

 「…プロ野球選手が通う 広島市内のトレーニングジム  に指導を依頼し、筋力を強化…」

 もちろん我がトレーニングクラブアスリート のことだ。

 前年夏の新チームスタート時は、2年生14名・1年生2名の僅か16人。広島県北の中国山地沿いの人口5万人足らずの地方都市の県立の進学校の野球部なのだから。

 ノーシードで5戦目の準々決勝で、甲子園出場経験校の私学(瀬戸内高校)と対戦し、リードしていたにも関わらず雨天コールドとなり、翌日の再試合でも勝った辺りから、周辺が騒がしくなったのをよく覚えている。スポーツ紙も一面で「ミラクル 三次」を報じ、ローカルテレビなどでも取り上げられていた。準決勝戦もサヨナラホームランで勝ち上がり決勝戦へ。

 「ミラクル・奇跡・旋風」などの字が踊った。

 0―5で敗れたものの、30年にも及ぶアスリートの歴史の中でも一番と言える してやったりもの の快挙だった。

 

 

 

準々決勝後、一面で「ミラクル 三次」を報じるスポーツ紙

      準決・決勝を報じた翌日・翌々日の一面も「ミラクル 三次」だった

 

三次高校野球部からいただいた準優勝記念の写真額

このチームもアスリートメンバー。春全国ベスト4・夏全国ベスト8

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

Coronavirus

March 16, 2020

1/10
Please reload

最新記事

March 16, 2020

February 1, 2020

January 30, 2020

January 15, 2020

December 26, 2019

December 18, 2019

December 15, 2019

December 11, 2019

December 5, 2019

Please reload

アーカイブ